増田明美さん

「田舎には何もない」と言われることもあるけど、
安来にはこんなに素晴らしいものがあるんです。

プロフィール

増田明美さん
安来節演芸館 マスコットガール「きゅっきゅちゃん」 こと
増田 明美さん(お住まい:安来市)
安来にIターンして13年

埼玉県出身の増田さんは、昔からお芝居が大好きで、日光江戸村で役者として仕事をされていた縁から安来節演芸館設立時のサポートのため安来市へ。安来の魅力に引き込まれそのまま定住。現在は演芸館のマスコットガール「きゅっきゅちゃん」として活躍中の地域で大人気の存在です。

※2018年10月取材

安来市内のおすすめスポットは?

みさき親水公園

亀島町の「みさき親水公園」は、私のお気に入りのスポットです。
私が生まれた埼玉県は海なし県ですし、川遊びもほとんどしたことがなかったので、最初にここに行ったときには、中海がキラキラ光っているのがとてもきれいで感動しました。
毎年行われる「中海マラソン」でレポーターを務めさせていただくことがあるのですが、そのときにウォーキングをしながら見る景色がたまらないんです。この場所でご飯を食べたり散歩したりしたくなる、とても気持ちのいい場所です。中海に夕日が沈む様子も絶景ですよ!

安来の好きなところは?

インタビュー中の増田さん

安来ののどかな風景を見ているだけで幸せです。「田舎には何もない」と言う人もいますが、その「何もない」がここにはあるんです。きれいな山や川、田んぼ…本当はこんなに素晴らしいものがいっぱいあるんだよ!とたくさんの方に伝えたいですね。
都会は夜でも朝でもお店が開いていて、まさに「眠らない街」ですが、こっちでは、ちょっとオーバーかもしれないけれど、お日様と一緒に起きてお日様が沈んだら寝る…という感じ。これって実は人間の基本や本質みたいなものですよね。そういったものを感じられる生活って本当に幸せだなあと思います。
演芸館で地元の子どもたちの前で話をすることがあるのですが、「みんなの周りにある自然、そして毎日食べているお米や野菜は、当たり前じゃなくて、かけがえのないものなんだよ」と伝えています。

安来市への移住を検討されている方にひとこと

接客中の増田さん

都会では人と人との関係が少し希薄なところがあるような気がしますが、ここでは地域や隣近所の方たちとのつながりが深いです。
自治会対抗の運動会があると知ったときは驚きました!埼玉では学校の運動会しかないので、地域の運動会があるなんて新鮮でしたね。この時期が近づくと職場の皆さんが楽しそうに話をしているので、「私もいつか参加したい!」と思っています。そういったイベントが毎年できるのは、やっぱり人と人との結びつきが強いからではないのかなと思います。
きれいな空気、美味しい食べ物、そして人のやさしさ…みなさんも安来でののどかな暮らしをしてみませんか?

増田さんにはここで会えます!

演芸館前での増田さん

安来節演芸館

安来市古川町534

「どじょうすくい」で親しまれる「民謡・安来節」の殿堂。唄や踊りからなる生の安来節を毎日堪能できます。どじょうを使った料理が楽しめるお食事処や安来の名産品を扱うお土産処もあります。