小幡美香さん

訪れるとホッとするまち、やすぎでの暮らしを"おちらと"楽しんで

プロフィール

小幡美香さん
さぎの湯温泉の旅館「竹葉」女将
小幡 美香さん(お住まい:安来市古川町)
安来の観光旅館に嫁いで20年

市内有数の観光名所・足立美術館に隣接する、さぎの湯温泉の旅館「竹葉」の名物女将として知られる小幡さん。安来の観光旅館に嫁いで20年、安来の魅力を広く全国に向けて発信するしまね観光PR大使としてもご活躍されています。

※2016年11月取材

安来市内のおすすめスポットは?

十神山の風景

当旅館のすぐ隣にある「足立美術館」は、日本が世界に誇る美しい庭園のある名美術館としてやはり外すことのできないおすすめスポットです。
あとは「十神山なぎさ公園」が私のお気に入りです。中海を望みながらボーッとするのが本当に気持ちいいです。
そして、当旅館があります「さぎの湯温泉」は、無色透明の温泉が源泉掛け流しでお楽しみいただけます。湯治客の方は「ここのお湯に入ると身体が軽くなる、元気が出る、傷の治りが早い」と喜んでくださっています。保湿効果も高く、湯上りの肌はしっとりすべすべになりますよ。

安来の好きなところは?

黒い着物を着た小幡さん

こちらの方言で、「おちらと」という言葉があります。この言葉は「ゆっくりと」「のんびりと」という意味で、まさしく安来のまちを象徴する単語なんですね。一緒に過ごす時間を愛おしみながら、ゆったりお茶でも飲みながら、のんびり楽しもうよ、という空気感が、安来のまちと人の魅力だと思います。

安来市への移住を検討されている方にひとこと

黒い着物を着てインタビューを受ける小幡さん

安来は気持ちが穏やかになる町。
私は観光旅館の女将という立場ですので、もちろん観光地としても風光明媚な場所が多く、美味しいものがたくさんある魅力的な場所として自信を持っておすすめしますが、住む場所としてはとにかく「人が優しい」ところが大好きです。
出雲神話でスサノオノミコトがこの地を訪れた際「吾が御心は安平(やす)けくなりぬ」と言ったことから「やすぎ」という地名がついたと言われていますが、本当にその名のとおり、訪れるとほっとする町なんです。

小幡さんにはここで会えます!

旅館ののれん前と小幡さん

さぎの湯温泉
日本観光旅館・お食事処 竹葉

島根県安来市古川438

日本一の庭園として名高い足立美術館のすぐ隣にある源泉かけ流しの温泉旅館。山陰の食材を厳選して提供する、美容と健康を考えたマクロビオティック料理も好評。